残雪の立山トレッキング。

一面の白銀世界。そして見上げれば紺碧の空。 これを楽園と呼ばずしてなんと表現すればいいのか。 まだ雪深い立山は、言葉では言い表せない素晴らしい雪の世界だった。

続きを読む

カテゴリー: NAOZO DAYS, TREKKING | 8件のコメント

富士写ヶ岳 TREKKING。

カヤックでの奥琵琶湖、桜ツーリングを終えた翌日。最近取ってなかった休暇を取り、朝から自室でゴソゴソと山の準備をするNAOZO。

本来はキャンプでの疲れをいやし、英気を養って翌日からの仕事に備えるべきではあるのだが、貧乏症の僕はそんな勿体ない休みを過ごせない。

ってことで、呆れるママちゃんの冷たい視線を背中にうけつつ、近所の山に向かうのであった! (  ̄ー ̄)*キラン

続きを読む

カテゴリー: NAOZO DAYS, TREKKING | 2件のコメント

サクラ Paddring in 海津大崎。

全国的に開花が遅れている今年のサクラ。ホントなら満開のハズだったのに、結局5分咲き程度の海津大崎のサクラだったけど、カヤック仲間と湖上より愛でる桜並木はやっぱり良かった♪ でも、もうちょっと天気が良く、気温が高かったらなぁ~^^;

続きを読む

カテゴリー: CAMP LIFE, FAMILYS, KAYAK, NAOZO DAYS | 2件のコメント

鞍掛山ハイク。

やっと週末の天気予報に晴れのマーク。 そういえば、ブログにはあげてなかったが、丁度昨年の4月に、息子を連れて近所の人気の低山、鞍掛山に登りに行ったのだが、頂上直下でカミナリが鳴り始め、後ろ髪引かれる思いで下山した。 そのリベンジを果たすべく、息子と共に再びあの頂(といっても、477mなんだけど・・・)を目指す。

続きを読む

カテゴリー: FAMILYS, NAOZO DAYS, TREKKING | 2件のコメント

GIANT IDIOM2

もう十数年前になるだろうか。 冒険家の九里徳泰氏の影響を多大に受けて、ベーシックなMTBを手に入れた。 フロント・リヤ共にリジットのクロモリフレーム。今でこそメジャーなブランドとなったが、当時は廉価版MTBの印象が強かったMERIDAという台湾メーカーの地味なBIKEだった。

続きを読む

カテゴリー: BICYCLE, NAOZO DAYS | 8件のコメント